魚の目 症状 原因 治療方法

魚の目の症状と原因について

 歩くと痛い、魚の目。
 皆さんも、一度は経験ありませんか?

 

 通常、魚の目は足の裏側や指にできるものです。
 皮膚の一部分が硬くなってしまい、歩くと強く痛むこともあります。

 

スポンサーリンク

 

 痛みがない場合には放置してしまいがちですが、魚の目は自然に治ることはありません。
 しかしながら、魚の目を自分で処置しようとすると逆に悪化してしまうことがあるので注意が必要です。

 

 このサイトでは、魚の目に関しての様々な症状と原因、対処方法などについてご紹介していきます。

 

魚の目って何?

 皮膚の表面には角質層があり、水分の蒸発を防いだり、細菌など外部からの刺激等を防ぐ役割があります。
 足の裏は、体重を支えたりして強い刺激を受けることが多く、角質層が他の部分に比べて厚くなっています。
 この角質層にさらに部分的に強い刺激が加わるといっそう厚くなり、魚の目やタコができてしまいます。

 

 魚の目とタコができる過程はほぼ同じでなのですが、魚の目には芯があり、タコには芯がないことが違う点です。
 魚の目は足の裏側や指にできることが多く、中心部が丸くて魚の目のようなので『魚の目』と呼ばれています。

 

 魚の目の場合、部分的な刺激が一部分に集まると、角質が円錐状になり、真皮に刺さるように成長していきます。
 この円錐状の芯によって神経が圧迫され、歩くと魚の目が痛むようになります。

 

スポンサーリンク

 

 タコにはこの芯ができません。
 このため痛むことはほとんどなく、角質が厚くて硬くなるため外部からの刺激が伝わりにくくなります。
 タコは足以外の部分にもできて、厚くて硬くなり黄色っぽくなることが多く見られます。

 

魚の目ができる原因は?

 魚の目やタコができる原因には、以下のようなものが挙げられます。

靴のサイズが合っていない

 足に合わない靴を履いていると、魚の目やタコができやすくなります。
 靴が大きかったり小さかったりすると、足の一部分に強い刺激が加わり、魚の目やタコができるようになってしまいます。

 

特徴的な歩き方をしている

 足を引きずったり、ガニ股や内股のように人によっては歩き方に癖があります。
 この癖が強くなると、足の一部分に強い刺激が加わり、魚の目やタコができることがあります。

 

冷え症になっている

 足が冷えるようになると、刺激を強く感じてしまうため、魚の目やタコができ易くなってしまいます。

 

女性でハイヒールを履くことが多い

 ハイヒールを履いていると、つま先に強い刺激が加わるようになり、魚の目やタコができ易くなってしまいます。

 

糖尿病を患っている

 糖尿病は、血糖値が高い状態が続く症状でいろいろな合併症が生じることがあります。
 その合併症の一つに神経障害があり、手足の感覚が衰えてくることがあります。
 感覚が衰えると、サイズの合わない靴でも刺激を感じにくくなり、魚の目やタコができ易くなってしまいます。

 

 尚、糖尿病については、こちらのサイトも参考にして下さい。
 糖尿病の症状と原因、予防方法について

 

 次はこちらの記事です。
 足の裏の魚の目!治療は何科の病院?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。