魚の目 芯 取れない 

魚の目の芯が取れない時には?

スポンサーリンク

 

 体の一部、特に足の裏に固い皮膚の固まった場所ができることがあります。
 最初は何の違和感もないのですがそれをほおっておくとそれが固くなり、その大きさもだんだんと広がってきます。
 やがてその場所が痛くなり歩くことも困難になってくることがあります。

 

 最初の段階でその場所をよく観察すると小さい穴が開いており、それが魚の眼球のように見えることからそれらを魚の目と一般的に読んでいます。
 この魚の目はできた場所の酷使によりできるものとされていますがその原因は定かではなくわからないというのが一般的です。

 

 大きくなったものは手では容易にとることができず、その痛みも時がたつにつれて大きくなっていくばかりです。
 この痛みに耐えかね、はさみやカッターで除去する人も多くいます。

 

 一時的に歩いているときの痛みも和らぎ歩きやすくなるので、こういう方法でこの魚の目の対処をする人が多くいます。
 人間には対抗反応があり、この方法では一時的には痛み等は和らぎますがその魚の目は大きくなっていくばかりです。

 

スポンサーリンク

 

 はさみやカッターでその場所を取り去る方法は一時的なもので一般的な解決方法にはなりません。
 これには足の裏に芯がありそこから発生しているものと言われています。
 ですから足の深くにある芯をとってしまわなければ完治することが難しくなっています。

 

 足の表面からはわからないので、足の皮膚を大きく切らなければならないことになります。
 とても素人では対処ができないので皮膚科の医師に治療をお願いすることになります。

 

 この芯は足の深いところに存在しておりなかなか取れないものになっています。
 どうしても魚の目をとってしまいたいという人は、皮膚科への受診をお勧めします。

 

 一時的な対処方法では、一時的にはよくなりますが不快に思う時間も多くなってきますのでやはり根本的な治療を行ったほうがいいでしょう。
 自分では芯は取れないでまたその場所もわかりませんので専門的な皮膚科で治療を行ったほうが、後からの発生もなくなり快適な生活を営むことができます。

 

 次はこちらの記事です。
 魚の目の芯が大きい場合や深い場合の治療法とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。