魚の目 治し方 自分で

魚の目の治し方!自分で処置するには?

スポンサーリンク

 

 足の裏にできた魚の目が痛むので辛いなんていうことは、わりとよくあることではないでしょうか。
 痛くて歩くのも嫌になってしまうようなこともありますよね。

 

 魚の目ができないように日頃から気を付けたいところですが、ついついそんなことは忘れてしまうものです。
 痛くて気がついた、ということがほとんどでしょう。
 できてしまったものは仕方ありません。
 治すしかないのです。

 

 魚の目の治療法については、最も確実なのは、皮膚科で診察してもらうことです。
 経験豊富な専門医が、その時の症状に応じて最適な治療法を選択してくれるはずです。
 ですので、安全で確実な方法を取りたい時は皮膚科へ行くようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 とは言え、時間がなかったり、近くにいい病院がなかったりした場合には、自分で治療するという方法もあります。
 自分での対処方法についても、いくつかありますのでご紹介します。

 

1.スピール膏を使う方法
 魚の目の芯!スピール膏での取り方は?を参考にしてみてください。

 

2.ピンセットを使う方法
 魚の目の芯の取り方!道具はピンセット?を参考にしてみてください。

 

3.イボコロリを使う方法
 魚の目の芯!イボコロリでの取り方は?を参考にしてみてください。

 

4.バンドエイドを使う方法
 魚の目の治療!バンドエイドの使い方は?を参考にしてみてください。

 

 このようにすることで魚の目を自分で治療することができるようになります。
 ポイントは芯をいかにきれいに取り除くかというところです。
 試してみてはどうでしょう。

 

 しかしながら、あまり無理をして悪化させないようにして下さいね。
 おかしいと感じたら、早めに専門医に相談するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。