魚の目 足の裏 子供 原因

子供の足の裏に魚の目?その意外な原因とは?

スポンサーリンク

 

 あなたのお子さん、足の裏に魚の目ができていませんか?
 皮膚科へ行って取ってもらわないと、とか思っていないでしょうか。

 

 でも、それって本当に魚の目ですか。
 子供の足の裏に魚の目みたいなものができていても、実は魚の目ではないこともあるのです。
 では、一体何なのかということについてお話ししてきましょう。

 

 魚の目は、通常大人の足にできることが多くなっています。
 足に合わない靴などを履き続けていると、足の一部分に余計な刺激が加わるようになります。
 その刺激が長く続くと皮膚の角質が厚くなり、真ん中が芯のようになってきます。

 

 それが、魚の目となり、歩く時に芯が刺激されて痛むようになります。
 子供でも靴が合わなかったりして部分的な刺激を受けることはあるのですが、皮膚が柔らかいことから魚の目にまではなりにくいことが多いのです。

 

スポンサーリンク

 

 子供では、手や足にできるものとしてウイルス性のイボがあります。
 これは、ヒトパピローマというウイルスに感染することでできるもので、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と言います。
 このウイルスは、手や足の傷から侵入して感染すると考えらています。

 

 子供ではそのような傷ができることがよくあるため、魚の目のように見えるのはこのウイルス性イボの可能性が大きいのです。
 ウイルスなので、疲れなどで免疫力が低下していると発症しやすくなります。

 

 魚の目は、その中心部に目のような芯があり、歩くと刺激されて痛むようになります。
 一方、ウイルス性イボでは、デコボコしていて表面が盛り上がったようになっています。
 イボを押しても痛みを感じることは、ほとんどありません。

 

 このウイルス性イボは、自然と治ることも多いのですが、数が増えたりもします。
 また、ウイルス性のものなので削ったりすると他へ感染する恐れもあるので注意が必要です。
 心配な場合には、皮膚科へ行って診てもらうようにしましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 魚の目の芯が取れた後はどうすればいい?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。