魚の目 芯 取れたかわからない

魚の目の芯が取れたかわからない時には?

スポンサーリンク
 

 

 魚の目ができて痛くなることはありませんか。
 足に違和感を感じていて、その内に気が付いたら魚の目ができて歩くと痛むようになるようなことです。
 魚の目は、足に合わない靴などを履き続けていると、部分的に力が加わり擦れたり圧迫されたりすることでできるようになると言われています。

 

 最近、買い換えた靴が原因になっているかもしれません。
 高級な靴であれば、販売店で調整ができるかもしれませんので、相談してみてもよいでしょう。
 或いは、大きめなのであれば、中敷などを追加するのも有効かもしれません。
 いずれにしてもこれ以上に悪化させないためにも、何らかの対処は必要です。
 いっそのこと買い換えるという方法もあります。

 

 また、できてしまった魚の目は、自然に治ることはありません。
 このため、魚の目の処置も早めに行なうようにしましょう。

 

スポンサーリンク
 

 

 魚の目は、市販薬を使うことで自分で処置することもできます。
 いくつかの種類があるので、ドラッグストアや薬局で使いやすい薬を選んでみるのもいいでしょう。
 魚の目を治療するには、その芯を取り除くことが大事です。
 そのため、ほとんどの治療薬では魚の目の角質部分をサリチル酸という薬品で柔らかくして、芯を取り除くようになっています。

 

 パッドなどを患部に貼って数日間放置することで皮膚が柔らかくなります。
 それで、魚の目の芯が取りやすくなるのです。

 

 ただ、自分で芯を取り除く場合には、大きかったり深かったりして、芯が取れたかどうか分からないといったことになることもあります。
 或いは、皮膚は柔らかくなってけど、芯が上手く取り除けないといったこともあります。

 

 このような場合には、無理をしないで病院へ行くようにしましょう。
 よく分からないままに続けると、却って悪化したり、傷をつけてしまう恐れもあります。
 不安なことや分からないことがあったら、皮膚科の医師にお任せした方が安心で確実です。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。