魚の目 できはじめ 初期 対処

魚の目のできはじめとその対処は?

スポンサーリンク

 

 魚の目は、その多くは足の裏や指にできるようになります。
 皮膚の角質に大きな刺激が加わることで、角質が硬くなってしまいます。
 大きな特徴は、芯ができるということです。
 この芯が皮膚の内側方向へ成長していくことで、魚の目となっていくのです。

 

 見た目にちょうどさかなの目に似ていることから、『魚の目』と呼ばれるようになりました。
 ただ、医学用語では『鶏眼』と呼ばれています。
 さかなの目も鶏の目も、同じように見えたのでしょう。 

 

 ただ、この芯もでき始めの頃には、ほとんど気付かないことが多く、徐々に奥まで深くなって行きます。
 芯が成長するにつれて、違和感を感じたりするようになります。
 さらに芯が大きくなると歩くことで刺激され、痛みを感じるようになります。

 

スポンサーリンク

 

 因みに、タコも同じように角質が硬くなってしまうのですが、魚の目との違いは芯ができないことです。
 このため、タコでは押して痛みを感じることはありません。
 また、皮膚の側に盛り上がったようにできるのが普通です。

 

 魚の目ができる原因は、足の一部に大きな力がかかることとされています。
 それは、主に足に合わない靴を履いていたり、女性ではハイヒールを履いていたりすることによります。
 特に仕事柄、立ちっぱなしが多かったり、よく歩く場合などにできやすくなります。

 

 魚の目はでき始めであれば、対処も比較的簡単です。
 今では、ドラッグストアや薬局に魚の目除去用の薬が販売されています。
 タイプもいくつかあるので、自分の症状に合った薬を選ぶようにするといいでしょう。

 

 ただ、それでも対処しにくい場合や途中で悪化してしまった場合などは、皮膚科へ行って処置してもらった方がいいでしょう。
 下手な対処をすると、後々大事になり兼ねません。

 

 また、魚の目は芯を取り除いただけでは、終わりではありません。
 魚の目がなぜできたのかを明らかにして、その対応をする必要があります。
 靴を買い換えるとか、仕事の仕方を工夫するとかしなければいけません。
 そのままでは再発する可能性が極めて大きくなります。

 

 次の記事はこちらです。
 魚の目は自然に治るのですか?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。