魚の目 ほっとくとどうなる

魚の目はほっとくとどうなるの?

スポンサーリンク
 

 

 あなたには、魚の目ができたことがありますか。
 歩くと痛い魚の目・・・という有名なフレーズがありますが、魚の目は歩くと痛いものです。
 この魚の目、そのままほっとくとどうなるのでしょう。

 

 魚の目は、主に足の裏側できるものです。
 足に合わない靴などを履き続けると部分的に力が加わり、圧迫されたり摩擦されたりするようになります。
 これによって皮膚の角質が厚くなっていきます。
 そのような刺激が続くと、厚くなった角質が次第に硬くなり中心部に芯ができるようになります。
 これが、魚の目となるのです。

 

 この魚の目は、そのままほっといても自然治癒するのでしょうか。
 残念ながら、魚の目は自然に治ることはありません。
 そのままほっとくと、さらに成長して歩くだけで痛みを感じるようになります。

 

スポンサーリンク

 

 それは中心部の芯が円錐状になって皮膚の内側に向かって伸びて行くためです。
 こうなるとちょっとしたことでも痛みを感じてしまいます。
 このため、その痛みを避けようと不自然な姿勢になったりするため、膝や腰に負担がかかるようにもなります。
 それによって、膝の痛みや腰痛を生じてしまうこともあります。

 

 このため、魚の目ができた時には、早めに処置をした方がいいのです。
 魚の目を治すには、その芯を取り除く必要があります。
 初期の段階であれば、市販薬を用いて自分で行なうことも可能です。
 ドラッグストアや薬局では、絆創膏タイプやパッチタイプなどいろいろな種類の市販薬があるので、症状に合ったものを選ぶようにしましょう。
 よく分からない場合には、薬剤師に相談するといいでしょう。

 

 しかしながら、症状が進んで、芯が深くなったり大きくなったりした場合には、芯を取り除くのが難しくなることもあります。
 皮膚を傷つけてしまったり、雑菌によって炎症を起こして化膿してしまったりするようなこともあります。
 このようなことを避けるには、皮膚科へ行って芯を取除いてもらうのがいいでしょう。

 

 次の記事はこちらです。
 魚の目をシールで除去すると痛いの? 

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。