魚の目 原因 子ども 手の指

子どもの手の指に魚の目!その原因は?

スポンサーリンク

 

 一般的に魚の目とは足に出来ることが多いですが、子どもの場合にはそれが手の指に出来てしまうことがあります。
 その原因について調べていくと、手の指を部分的に圧迫することによって発症することがあるとされています。

 

 幼稚園や小学校などで鉛筆やクレヨンなどを使用する場合において、一時的に特定の箇所に力が入ることがあります。
 これが繰り返されることによって足以外にも魚の目が出来てしまうことがあり、子どもでも発症してしまう原因となります。

 

 皮膚は圧迫や摩擦などが発生することにより、角質を厚くしてしまう特性があります。
 この特性によって皮膚の一部分が固くなってしまうため、それが魚の目となって症状に表れてしまうことがあります。

 

 特に放置をしておいても問題はありませんが、治療する場合においては医療機関を受診して完治させていくのが一般的な流れとなります。
 このように手先に必要以上に力が加わることによって、足以外の部分にも出来てしまうことがあります。

 

スポンサーリンク

 

 子どもの手の指に魚の目が出来てしまう原因として、手先に摩擦や圧迫状態が継続した場合に発生することが多いです。
 医療機関で完治させる場合においては皮膚科を受診する流れとなっており、薬による治療法が主流となります。

 

 1回では完治しないことが多いため、皮膚科を受診する場合においては数回ほど通院するのが一般的です。
 また症状が良くない場合においては、専用医療レーザーを使用して綺麗に除去治療を行っていきます。

 

 ただ皮膚科によってはレーザー治療については保険適用外であるため、その場合には治療費も高額になります。
 ですがどの治療法にするかは症状が悪化していない時であれば、基本的に患者が自由に選択をすることが出来ます。

 

 レーザー治療の方が高額にはなりますが、その分即効性が高い効果が得られるのが特徴となっています。
 治療方法については医療レーザーを使用する場合と薬を使用するケースがあり、両方導入している皮膚科も数多くあります。

 

 次はこちらの記事です。
 魚の目の芯!スピール膏での取り方は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。